パート募集・主婦の求人掲載なら「しゅふJOBパート」

0120-989-503

受付時間:平日10〜17時

株式会社メディアフラッグ様

会社概要
従業員数 :196名
募集エリア:全国
掲載職種 :ラウンダー
応募数  :30~50名/月
採用数  :5~6名/月
TOPICS
募集する業務に合わせて自社サイトと並行活用し、
応募の裾野を広げている
ラウンダーの認知度が高く、応募が集まりやすい
応募単価は他媒体の半額。費用対効果が良い
月間採用者の2/3はしゅふJOBパート

株式会社メディアフラッグ様(以下、メディアフラッグ)は、
『売場を元気に、日本を元気に!』をコンセプトに
  ・フィールドマーケティング事業(売り場のメンテナンス・構築・販売支援)
  ・デジタルサイネージの企画・販売
  ・アジアを中心とした業務支援のコンサルティング
と3つの事業(グループ会社含む)を軸に、ビジネスを展開しています。

今回は、経営企画室 経営戦略・人材戦略ご担当の松本庄平氏に
フィールドマーケティング事業でのご活用についてお話を聞かせていただきました。

スキマ時間を活かすラウンダーは、主婦(主夫)のニーズとマッチ

ラウンダーとは、メーカーの営業担当者に代わり店舗巡回を行い、店舗のプロモーションや
販売強化のための売り場づくりを行うスタッフを指します。メディアフラッグ様では
主にこのラウンダー職のスタッフの採用で、しゅふJOBパートをご活用いただいています。

―なぜラウンダーは主婦(主夫)に人気があるのでしょうか。

ラウンダーの仕事は時間帯も比較的短く勤務曜日も選びやすい仕事なので、
日によって・家庭の事情で、自分で出勤を調整できるのがメリットです。

効率よく各店舗の売場づくりをするには、来客の多い土日や、夕方のラッシュを避けてます。
そうなると、平日の9:30や10:00開始、17時や18時までに終了させることが多いです。

また、扶養枠内で働ける仕事が多くあるのもポイントだと思います。

―働きたい主婦(主夫)のゴールデンタイムですね

まさにお互いのニーズがマッチして、必然的にこの仕事に就きたい主婦(主夫)が増えたと
思います。自営業の方や学生の方もいますが、割合としては主婦(主夫)層が厚いですね。

―現在は全国で何名ほどスタッフを抱えていらっしゃいますか。

自社で集客したスタッフも併せて約28万人の登録がありますがその7~8割は女性。
そのほとんどが主婦です。
多く占める年齢層は30代後半~。50代後半のスタッフも活躍しています。
ラウンダーだけではなく覆面調査など、他のお仕事もするスタッフも含みます。

―それでもなお、様々な求人媒体で集客している理由を教えてください。

弊社は覆面調査やスポットラウンダーを募集・お仕事紹介を行う「MediF」という
自社サイトを持っており、スポット的なお仕事紹介会社という認知の方が高いと思っています。

そのため、雇用での勤務をご希望の方々に対しては、MediF登録者だけではなくニーズが集まる
求人媒体を活用させて頂き、応募の裾野を広げたいと考えています。

―しゅふJOBパートを導入するきっかけは?

私たち経営企画室が採用業務を一手に引き受ける前は、
各事業部の現場がそれぞれ求人媒体を選定し、スタッフを募集していました。

様々な媒体を見て使っていたようですが、
主婦(主夫)層に特化した求人媒体であるしゅふJOBパートをみつけて、
「これは!」ということで導入をしたそうです。

しゅふJOBパートの応募課金プランは費用対効果が高く、
ラウンダーとの相性が良い

しゅふJOBパートの3つの料金プランの中でも、
特におすすめしている「応募課金プラン」をご契約当初から利用頂いているメディアフラッグ様。

その理由は、他媒体と比較して「採用単価が約半額」に抑えられているという、
コストパフォーマンスの良さでした。

―応募課金プランをご利用いただいていかがですか。

元々当社は、ほかに応募課金型の求人媒体も使っていました。
求人募集をする案件はスポット的なものが多く採用時期もそれぞれ異なり、
掲載課金型のような一律の金額のものよりも、使い勝手が良かったのです。

しゅふJOBパートの応募課金プランでは、1名応募につき4000円(2018年11月当時)
なのですが、他の媒体になると「ほぼ倍」になりますね。

応募課金って聞くと、しゅふJOBパートに限らず「応募者の質ってどうなの?」と
最初不安に感じるひとが多いかもしれませんが、実際に使ってみるとそうでもないんですよね。
応募される求職者は、他のプランと差異はないですね。

―応募者の質はいかがですか。

こちらからの連絡がちゃんとつく方は、いい人が多いですね。
例えばここ最近採用した20人のうち15人は、しゅふJOBパート経由なんですよ。

連絡がつかない人や、最初の電話コンタクトで条件が合わない人となれば、
面接前に不採用としていますが、費用対効果はとてもよいという認識でいます。

採用に至っている主婦(主夫)求職者の共通しているところは、
「レスポンスが早い」ですね。応募が来たら早めの対応を心掛けています。

集めたい主婦(主夫)に響く求人の書き方がわかる・
自分たちでも作ることができる

―閲覧されたからの応募数も高い貴社の求人ですが、ポイントはありますか。

「まずは面接に来てもらい、いろいろ話を決めていきましょう」というスタンスでいまして、
それを求人にも反映しています。また、スキマ時間で働ける仕事なので、
自由に勤務条件が選べる、ということを推しています。

また、しゅふJOBパートは「しゅふライターが求人を無料で作成してくれる」ので、
まずは求人を作ってもらい、それを参考にしながら、他の求人へ展開していますね。

―ほかの求人媒体との使い分け方は?

募集する求人のターゲット年齢層に応じて使い分けていますが、それ以外にも
「ラウンダー」を採用するときはしゅふJOBパートで、とも思っています。
ほかの媒体より反応がいいと、現場からも評判です。

(インタビュアー注:これまで求人媒体の利用・発注は現場マターでしたが
経営企画室に集約していらっしゃるタイミングでした)

―しゅふJOBパートで実施する職種別の仕事特集でもラウンダーは人気です

ラウンダーとは?と、いちから説明をしないといけない機会がまだ多かったり、
ほかの媒体だと、求職者側も掲載側も職種を選ぶ際に、「ラウンダー」そのものが
ないことが多いですが、しゅふJOBパートにはデフォルトで存在していることも
使う理由としては大きいですね。

スタッフからの業務報告や意見をタイムリーにキャッチし、
改善に活かす

―全国各地の主婦スタッフが成果を出す、マネジメントのノウハウを教えてください

当社独自のものとして挙げるならば、「担当SVとの四半期ごとの人事交換制度」、
「日報システム」「代表の福井とスタッフとの懇親会」でしょうか。

アクティブで何千人も月にスタッフが動いているので、全国拡大する頃から管理システムを
作って運用しています。ラウンダーのお仕事は直行直帰のものが多いので、日報システムは、
スマートフォンで対応ができるようになっています。

この日報システムでは売場の改善や報告はもちろん、ちょっとした気づきなども
上がってくるのですが代表が毎日必ず目を通しています。

―代表の福井様が毎日実施されているのですか?

はい。返信もしていまして、毎日数時間はおそらくこのための時間を確保しています。

また、全国の活躍しているスタッフ10名~20名ほど集めて、毎年1回は各地で懇親会を実施
しています。我々の事業について理解・共感してもらうという目的があるのですが、
スタッフから直接「ここを改善してほしい」といった要望も併せて聞いています。

採用した主婦(主夫)を更にアクティブ化させ、ビジネスを加速

―今後の主婦(主夫)活用・採用のビジョンをお聞かせください

弊社でも、これまでの主婦(主夫)の採用やマネジメントや、登録している28万人、
多くが主婦(主夫)という資産を活かしたビジネスを立ち上げました。
店頭販促だけではなく、EC化が進んでいる時代に合わせて、店頭以外の領域に注目しています。

また、経営企画室では時短で働く正社員が在籍しています。メディアフラッグループとしても、
このようにノウハウ・スキルがある人材が活躍できる場を用意していきたいと思っています。

―求人掲載を迷われていらっしゃる企業様へメッセージを頂けますか

当社の採用業務を担当しているものは、時短で働く主婦なのですがとても活躍しています。
彼女も仕事をしている中で、「まずは会ってみよう」というスタンスで取り組んでいる
のですが、それは私たちも同じ思いです。

もちろん人によりますが、若手より主婦(主夫)の方のほうがガッツがあってしっかり仕事を
してくれていると実感する場面もあります。ここは面接などでジャッジができますから、
「主婦(主夫)」という概念にとらわれず、まずは掲載、チャレンジしてもらいたいですね。


また、ご結婚前まではバリバリ働いていて、お子様も大きくなり本格的に仕事に復帰したい、
でもなかなか採用されない、というお声を私どももよく聞きます。

ブランクや未経験がネックになってしまうケースもあると思いますが、
弊社で募集しているお仕事は経験不問のものが多く、実際に2~3割の方は応募職種が未経験、
職種によっては未経験者4~5割という時もあります。

いきなりフルタイム復帰は不安、という方にも1日5~6時間の勤務が主流で勤務日数も様々、
直行直帰で煩わしさも少ないラウンダーというお仕事は選びやすいかと思います。

そしてやはり、費用対効果がよいので当社としてはとても満足しており、おすすめです。

ページ上部へ